介護の勉強 私たちらしい働き方

荘加恵理さん

荘加恵理さん

入職4年目
  • 事業者ジャンル

    特別養護老人ホーム
  • 勤務先

    特別養護老人ホーム寿和苑/社会福祉法人 武芸会(認定事業者)
  • 取得資格

    介護職員初任者研修、介護福祉士実務者研修終了
  • 取材年

    2017年

特別養護老人ホームとは

原則として、65歳以上で「要介護3以上」の認定を受け、自宅での生活が困難な方が入居できる施設。入浴、排せつ、食事、身体の移動など、24時間の介助を受けながら暮らせます。

利用者の“孫”として、心と心で触れ合った!

介護で心を通わせる喜び

介護職をめざしたきっかけ

中学生の頃に祖母が病気になり、入退院を繰り返していました。亡くなる少し前から家で介護をしたのですが、体を支えたりトイレに付き添ったりといった簡単なことで、祖母の支えになれることがうれしかったです。「ありがとう」と言われた時には本当に感動しました。
福祉の仕事に興味があり、福祉系の高校に進学しました。高校では保育や調理の勉強が主でしたが、やはり高齢者福祉に対する思いが強く、介護の仕事をすることに決めました。福祉系の学校卒なのに知識も資格もゼロからのスタートでしたが、先輩の指導が丁寧だったので徐々に慣れることができましたね。

私は今、こんな仕事をしています

入社して3年間はあっという間に過ぎていきました。入社後半年で初任者研修を取得したので、仕事の合間や家でも必死で学ぶ日々でしたね。
そんな精一杯の毎日の中で、ある利用者様が私のことを自分の孫だと勘違いしてしまったんです。最初は冗談かと思っていましたが、本気でそう思っているようで、彼女のお世話をする時ばかりは私も孫になりきりました。私に親しみを感じてくれたのはうれしかったですし、励みにもなりましたね。少し経ってその方が亡くなってしまったのですが、本当に悲しくてショックを受けました。
悲しい経験ではありましたが、利用者様と心と心で触れ合える素晴らしい仕事だと改めて感じさせてくれました。

この職場の好きなところ

幅広い年代の職員がいるのですが、びっくりするほど仲が良いです。年齢や経験が異なっていても、フラットな関係で話せる雰囲気がありますね。職場の居心地が良いから長く勤める人も多いように感じます。職場単位の会議や研修など、顔を合わせて意見を言える場面も多いので、話しやすいですね。そもそも人と関わったり、話したりするのが好きな人が多いので、自然に明るい雰囲気になっているのだと思います。

今後の目標

実務者研修を取得できたので、次は介護福祉士を目指しています。主に家で先輩から勧められた問題集を解いて試験対策をしています。簡単ではありませんが、目標が明確なので頑張りがいもあります。
他には、PCでの事務作業が苦手なので、もう少し効率よく進められるようになりたいですね。介護の仕事は人と関わる仕事がほとんどですが、思ったより事務作業も発生するので、PCスキルもマスターしていきたいと感じています。
入社から4年目になり、そろそろ後輩も増えてきました。自分が一番年下で一番後輩だった時とは違うので、後輩から頼りにされても大丈夫と言えるよう成長していきたいです。

私のワークライフバランス

介護の仕事は休みの少ないイメージでしたが、寿和苑は思ったよりお休みを取りやすくて、年に2回は3~4連休をとって旅行に出かけています。今年もハイシーズンとずらして、6月に沖縄旅行に行きました。誕生月に設定できる誕生日休暇もフル活用していますよ。平日のお休みが多いので友達と予定が合わせづらいのが唯一の難点ですが、混雑していないショッピングセンターで思う存分買い物を楽しめるところは気に入ってます。
母も介護の仕事をしているので、モーニングやランチで仕事の話をするのも良い気分転換になりますね。体力勝負の仕事なので、体調管理も欠かせません。シフトを見ながらしっかり体を休めて仕事に臨んでいます。
※インタビュー内容は取材時のものです。
  • 荘加恵理さんが働いている認定事業者

    社会福祉法人 武芸会

  • 〒501-2605 岐阜県関市武芸川町跡部1555-1
  • http://juwaen.or.jp/index.php
詳しく見る

次のインタビューへ