介護の勉強 私たちらしい学び方

宗宮早希さん

  • あじさい看護福祉専門学校 介護福祉学科1年
  • (東濃フロンティア高校出身)
  • 取材年:2016年

人を笑顔にしたり、喜ばせたりする力がある介護の仕事に憧れて。

介護職に従事している母と祖母の影響で、子どもの頃から介護の仕事を身近に感じていました。夏休みなどを利用して、母の職場へ遊びに行くと必ず目にしたのは、スタッフの方々に対して利用者さんがにこにこと笑顔で「ありがとう」と声をかけている姿。介護の仕事には人を笑顔にしたり、喜ばせたりする力があるんだ…。そんな昔の記憶がいつしか「私も母や祖母と同じ道へ」という志に変わり、高校卒業後、本格的に介護を学んでみようと考えたのです。

専門学校での学びが高校までの学びと大きく違うのは、将来に必要な知識と技能の修得に特化しているところ。現場経験豊富な先生方の授業はとてもリアルでおもしろく、介護職への思いが深まる毎日です。本物の福祉機器・用具を用いた実習や、介護施設での実習など実践的な学びもまさに期待通りでした。また、同じ目標を持つ仲間と知り合えたことも大きな財産。年齢もバックグラウンドもさまざまなのですが、みんなとても仲が良く、わからないところを教え合い、励まし合いながら学んでいます。

将来は誰からも信頼される介護福祉士になるのが夢。利用者さんの身体だけでなく、心もケアしていきたい。そのために、私自身がもっと成長し続けなければと思います。

介護を学びたい人へのメッセージ

私が「あじさい看護福祉専門学校」を選んだ理由は、夢を実現させるためのしっかりとしたサポートが期待できると感じたから。家族に経済的な負担をかけないと決めていたので、学費が大幅に減免される奨学金制度(※各種条件があります)も魅力でした。
目標とやる気があれば、そうした支援制度やチャンスを必ず自分の力に変えられるはず! 介護を学びたい人はぜひその一歩を踏み出して、私たちのように充実した学生生活を過ごしてほしいですね。
※インタビュー内容は取材時のものです。

前のインタビューへ

次のインタビューへ