教育機関の方へ

メッセージ

岐阜県では、介護サービスを支える人材の確保と定着を支援する「ぎふkaiGO!(ぎふカイゴ)」サイトを立ち上げました。「ぎふkaiGO!」とは「岐阜」と「介護」と「GO」を組み合わせた造語。介護職の働き方にアクションを起こす、岐阜県の介護業界をより良くしていく、などの意味を込めています。
超高齢化社会を迎えた日本社会において、介護を志す人が生き生きと学び、働ける環境を整えることは、地域の活性化に欠かせません。岐阜県では「県民の皆さんに広く介護の学びの機会と場を提供」「事業者の人材マネジメント支援」、「介護職員へのサポート」などの取り組みにより、介護人材の育成確保を推進します。

介護職の種類・取っておくと有利な資格

介護職員初任者研修(公的資格)

初任者研修は、介護職の入門ともいえる資格。介護の仕事に携わる上で最低限の知識・ 技術と考え方のプロセスを身につけ、基本的な介護業務を行えるようにすることをめざします。

福祉用具専門相談員養成研修(任用資格)

介護福祉士につながる研修として新たに設けられた資格。修了すると、「たん吸引」などの医療行為を習得した「サービス提供責任者」として働くことができます。

介護福祉士(国家資格)

「社会福祉士及び介護福祉士法」にもとづく国家資格。介護サービスの中心となる存在で、日常生活を営むのが困難な人に対し、専門的な知識や技術をもって、その人の心身に合わせた介護・アドバイスを行うことを目標としてます。
※2017年1月実施の試験より試験制度が変わり、「3年以上の実務経験」に加え「450時間の実務研修の修了」が受験資格として必須となりました。

介護福祉士に
なるには?

社会福祉士(国家資格)

「社会福祉士及び介護福祉士法」にもとづく国家資格。福祉の相談援助に関する高度な専門知識・技術を有し、福祉や医療、介護の相談援助の場において重要な役割を担っています。

介護支援専門員(公的資格)

介護を受ける側と提供する側との間の橋渡し役として活躍する「ケアマネジャー」に必須の資格。実務経験などの受験資格を満たした上で「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格することが必要になります。

福祉用具専門相談員養成研修(任用資格)

高齢者が介護保険で福祉用具を使用する際に、その状況にあった用具の相談・調整を行う専門職のための資格。都道府県指定の講習を受講する必要があります。

岐阜県の介護の仕事体験イベントについて 岐阜県の介護の仕事体験イベントについて

岐⾩県では⼩中学⽣とその保護者の方、高校生を中⼼に、広く介護の仕事の魅⼒ややりがいを発信するイベントを実施しています。夏休みに地域の介護施設へ親子で職業体験に行くバスツアーや、さまざまな体験・展示コーナーを集めたフェスタはその一例。「介護の仕事に興味があるけれど、具体的にはどんなことをするのかな」「実際に介護の仕事に携わっている人に話を聞いてみたい」。そんな思いを持った皆さんに毎回多数ご参加いただき、好評を博しています。

就職支援窓口

岐阜県の介護保険指定事業者・施設一覧岐阜県社会福祉協議会では、県内で介護の仕事に就きたい人向けに、さまざまな情報を発信。就職支援のためのイベントも開催しています。

めざせ!福祉のお仕事

岐阜県の介護保険指定事業者・施設一覧

岐阜県から指定を受けている介護保険指定事業者・施設の一覧を掲載しています。詳細は各事業者・施設にお問い合わせください。

岐阜県の介護保険指定事業者・施設一覧

岐阜県介護人材育成事業者認定制度について

学生の皆さんがより希望にあった
事業者に
応募するための一助として、
ぜひお役立てください。

認定取得事業者のメリット

1,充実した教育体制

介護職員がそれぞれの職位・階層に合わせた知識や技術を取得し、着実にキャリアアップしていけるようサポートしています。

2,ワークライフバランス推進

年齢、性別、国籍、価値観などの個性に関わらず、誰もが働きやすい職場をめざしてワークライフバランスを推進しています。

3,情報発信

質の高い介護サービスの提供に継続的に努め、その取組みを自法人サイトや本サイト、SNSなどを活用して情報発信しています。

認定事業者

「岐阜県介護人材育成事業者」に認定された事業者をご紹介します。

認定を受けるためには、認定制度の取組を行うことを職員・地域の方に公表する取り組み宣言をすることが必要となります。

認定制度について

一 覧 を 見 る